Q&A

FAQ

Q.冬の保管方法は?

A.一番良いのは、冬でも2週間に1度はエンジンをかけて家のまわりを10分程度走るのが良いです。・保管方法(コックにオフがある場合) ガソリンを満タンにしてからコックをオフにしてキャブレターのドレンボルトからキャブレター内のガソリンを
抜きます。その後、セルを2.3回まわします。そうすることによりキャブレターの各ジェット類にたまっているガソリンが抜けます。その後バッテリーを外します(必要なら充電してください。ナカモータースにお持ち頂ければ、充電を行います。)。バイクカバーをかけて保管してください。

 

Q.走行中に突然エンジンが止まってしまったのですが。

A.一番考えられるのは、ガス欠です。タンクの中に多少残っていてもフューエルコックからガソリンが流れなければエンジンは止まってしまいます。コックをONからRESにしてセルをまわしてみてください。

Q.四輪(自動車)用のエンジンオイルをバイクに入れていいのでしょうか。

A.バイクにはバイク用オイルをおすすめします。理由は四輪とバイクのクラッチ構造に違いがあるからです。バイクの場合はその大部分が湿式多板と呼ばれるオイルに浸っているクラッチを採用しています。対して四輪は乾式単板でオイルには浸っていません。オイルには摩擦を少なくする目的で多少の添加剤を配合しています。四輪用のオイルはバイク専用オイルに比べて、より添加剤が多く入っていると言われます。バイクはクラッチまでオイルに浸っているのに対し四輪は乾式なのでクラッチの事を考えずに済む訳です。四輪用のエンジンオイルを二輪に使用するとクラッチが滑ると言われる所以です。ただし、当店でおすすめしている添加剤「ZOIL」は、二輪のクラッチ滑りは起こしませんので安心してお使いください。

Q.バイクが倒れてしまい、エンジンがかかりにくくなったのですが。

A.バイクが倒れるとキャブレター内のガソリンがエンジンに流れこんで始動しにくくなることがあります。この場合アクセルグリップを二分の一程度まわしてセルボタンを押してみてください。

Q.セルスイッチを押すと「カチ」や「ジー」と音がするのですが。

A.ほとんどの場合バッテリー上がりが原因です。バッテリーの充電が必要です。ナカモータースにご相談ください!

Q.エンジンが、かからない。

A.考えられるのは、ガス欠・キルスイッチ・バッテリー・ギヤ(ニュートラル)などです。キルスイッチはRUNの位置にあるか確認!!朝やその日はじめてエンジンを始動するときは、チョークを使用してください。

Q.久しぶりにバイクに乗ったら、エンジンの調子がよくありません。どうしたらよいですか?

バイクは乗らない期間が長いと、このようなことは起こりがちです。キャブレータ内の「詰まり」「汚れ」「部品の劣化」「ガソリンの劣化」「電気系のトラブル」などが原因となっている場合が多いので、一度ナカモータースへご相談ください。不動車の場合は、引き取り、配送を迅速に行いますのでご安心ください。

Q.愛車売却時に必要な書類は?

A.登録証、車検証、納税証明書、自賠責の証書をお持ちください。

Q.購入時に必要な書類は?

A.住民表、印鑑をお持ちください。

Q.女性も乗りやすいバイクを教えて下さい。

A.バイクには、「ネイキッド」「レーサーレプリカ」「カウル付きのツアラー」「アメリカン」「オフロード」などいろいろな種類があります。免許取りたてで一番扱いやすいのは、教習所でも使っていたようなネイキッドタイプ。オールマイティなので、疲れにくく、操作性も一番いいと思います。オフロード車も軽くて扱いやすいのですが、ほとんどは車高が高いので、足つき性に問題がないようならばいいかもしれません。2ストよりは4ストの方が、エンジン特性的に乗りやすいでしょう。(最近の新車では2ストはほとんどなくなってしまいましたが)後は、好みの問題になってしまいますが、一度ナカモータースへご来店になり、実際にまたがってみるというのが一番だと思います。試乗会なども行っておりますので、トップページのイベント情報をチェックしてください!

› 続きを読む